二酸化炭素の繁殖と地球温暖化などについて

実態について修練しました。二酸化炭素の他、メタンやフロンも著しい温室威力を秘めるガスだ。これらのガス(温室威力気体)によって地球の温度があとあとどのように変化するかについて、目下さまざまな研究が行われ、また二酸化炭素の輻射の統率、フロンの量産解約なども進められている。フロンは成層圏に入ると日光のUVによって解体されます。こういうこと生じた塩素がオゾンと循環的評価をひきおこし、オゾン年代を破壊すると考えられています。オゾン年代の悲劇は地表に到達するUVを増大させてアニマルや環境系統に悪影響を及ぼすだけでなく、オゾン分布の調整によって成層圏から地表までのうちの温度やエアのリズムに効果を加え、日和チェンジをひき齎す希望をもっている。雨水は二酸化炭素が溶け込んでいるため、弱酸性(pH5.6)だ。pHは溶液の酸性・塩基性のクラスを出す数値で中性では7、塩基性では7より大、酸性では7より小だ。ナンバーが少ないほど酸性が凄いだ。やけに勉強になりました。