地球の公転などについて実習をしていました

地球について演習しました。天球上のお天道様の動きは、地球の公転によるスタイルの移転であり、お天道様は365.2422太陽で黄道あとを春分先に対して1周行う。こういう回転を1太陽年といいます。地軸がわずかに変化し、春分先が移動する結果1太陽年は地球の公転回転(365.2564太陽=1恒星年頃)よりある程度少ないだ。天球は、地球を中心にして星を投影する無限に大きな球だ。地球の公転軌道は決定的円ではなく楕円軌道であるため、地球は1毎月上旬にお天道様から最も近い界隈(近日先)を通過し、7毎月上旬にとにかく遠い界隈(遠日点)を通過します。地球の公転は、ケプラーやニュートンによって17世紀には理論的に明らかにされていました。地球が公転しているとすれば、公転にともなう1年頃を回転とやる恒星のちっちゃなスタイルの移転があるはずです。こういう動きのがたいを示す一角を年頃周視差と効く、スタンスの秒で表されます。このことを覚えましたが、知らないことを知れて良かったです。お金借りる

スナックを食べたり震度域について勉強した

午前中から起きていました。いまいち食欲がありませんでしたが、チョコレートのスナックが残っていて、溶けたらいけないので食べてしまおうと思って食べました。ちょい食べただけでも、豊富になりました。震度などについて演習しました。震度5オーバーは、非常な恐怖を感じます。多くの人がフットワークに障害を感じます。屋内の状況は、棚に生じる食器仲間などの多くが落ち、クローゼットなどのきつい家財道具が倒れることがあります。歪みでドアが開かなくなることがあります。震度6弱は、立って要ることが困難になります。屋内の状況は、固定していない根深い家財道具の多くが距離、転倒決める。開かなくなるドアが多いです。震度6オーバーは立っていらっしゃることができず、はわないと動くことができません。屋内の状況は、固定していない厳しい家財道具のほとんどが距離、転倒決める。戸がはずれて飛ぶことがあります。震度7は、自分の気合いでフットワークできません。屋内の状況は、ほとんどの家財道具が広く距離し飛ぶ物体もあります。勉強になりました。ミュゼ 400円